fbpx

無料レポート「商品ライフサイクル分析シート」

荒井
荒井
もう、おしまいだ、、
赤と白 引用文 Facebookの投稿

、、心配させてしまったらごめんなさい。
全然ネガティブなことではないので大丈夫です。

なにが「おしまい」なのかというと
僕のビジネスがおしまい、ということです。

ネガティブやんけ!!

とツッコミが来そうですが、
もうちょっと聞いてください。

弊社の事業は
B2BでAIの導入支援を主に行っています。
「おしまい」なのは
その「AI」がおしまいということです。

AIブームはとっくに過ぎ去り
市場の盛り上がりは
右肩下がりに下がってきていて
資本力がある大手や
勢いのあるベンチャーだけが
生き残る時期になっています。

いまから新規参入は難しく
中小の生き残りは厳しくなっていくはずです。

もっと言うと
2021年の夏ごろから
AI市場は、より衰えていきます。

なぜそんなことがわかるかというと
「商品ライフサイクル」を見ているからです。

AI(機械学習を含む)は
現在「成熟期」の後半の最中で
2021年の夏ごろから「衰退期」を迎えます。

弊社も含めて、
いままでAIブームに乗って事業をしてきた
中小企業や事業者は
次の一手を考えなければ
気づいたら焼け野原に取り残される状態になります。

思い起こせば、僕自身もAI市場に参入して
曲がりなりにもAIの専門家のひとりとして
商業出版までできたのは
参入前、入念に
「商品ライフサイクル分析」をしたからです。

時流を読めなければ
参入時期や撤退時期がわからず
やみくもに事業を進めることになります。
それは、ギャンブルと変わりません。

マーケティングや集客云々の前に
時流を読むことは必須です。
時流を読むためには
商品ライフサイクル分析をすることです。

「商品ライフサイクル」とWEB検索したら
たくさん情報が出てきますので
ぜひ参考にしてみてください。

P.S.
なぜ突然こんな話をしたのかというと
先日PCを整理していたら、
数年前に商品ライフサイクルを分析するために
自作したエクセルファイル
が出てきて
結構よくできているなぁと
自画自賛したのがきっかけです笑

ある方法で調べた日付を入力すると
その商品の

・導入期
・成長期
・成熟期
・衰退期

の日付が計算される代物です。

これは業種業態なく活用できます。

以下のページから無料でダウンロードできるようにしていますので、
ぜひご活用ください!

エクセルファイルの中身イメージ

(モザイク処理入れています)