AI・機械学習・ディープラーニング

 

AIがマリオカート64をプレイする

こんにちは、荒井(@yutakarai)です。

カナダのオタワにある企業「Shopify」のソフトウェア開発者ケビン・ヒューズさんは、冬休み中にビデオゲームをするだけでなく、AIがゲームをプレイできるようにしました。

ケビンさんは、GoogleのオープンソースTensorFlowを利用して、人気レーシングゲーム「マリオカート64」をプレイできる人工知能「TensorKart」というプロジェクトをリリースしました。

冬休みの数日間で、自転車に使用するのと同じ技術を使って仮想車両を運転するAIをトレーニングすることがでた

とケビンさんは言います。

彼はもともと、数年前にビデオゲームに適用された人工知能についての記事を見て、このプロジェクトのアイデアを思いついたそうです。

他の開発者が徹底したエンドツーエンドのプロセス(プロセスの可視化)を欠いている他の機械学習デモを見ていたので、他の開発者が「TensorKart」と同じことができるように、開発だけでなく詳細仕様のドキュメント化を行いました。

TensorKart

世にある機械学習のデモには欠けていることが多いため、簡単に理解できるエンドツーエンドプロセスを作りたかった。
データの収集、準備から実際のゲームプレイまでのプロセスが完全に含まれているかどうかを、常に意識しました。
完全なシステムを公開することが、私がこのプロジェクトで達成したいことです。

プロジェクトのサイトにケビンさんは書いています

TensorFlowは、深層学習に必要な基本的なツールを備えていたため、ケビンさんのプロジェクトでうまく活用できました。

ケビンさんは、AIのトレーニングのためのデータセットを作成するために、デスクトップのスクリーンショットをXboxコントローラからの入力と同期させるプログラムを作成しました。

そして、N64エミュレータを実行しキャプチャ領域にウィンドウを配置しました。

このプログラムを使用して、彼はAIが何を見るのか、適切な行動が何であるかについてのデータセットを作ったそうです。

マリオカートをたくさんプレイして、C言語でエミュレータプラグインを書いた後、ケビン・ヒューズさんはマリオが自動車に使っているのと同じテクニックを使ってコースをうまくドライブできるように調整しました。

彼は、20分のトレーニングデータで、AIが最も簡単なコース(ルイージのステージ)の大部分をプレイできるようになったと説明しました。

このプロジェクトでは、ニューラルネットワークと深層学習がゲームのためだけでなく、自動運転車が実現できるということも示唆しています。

ケビンさんは、「AIによる自動運転は人間のドライバーよりも安全で、世界を変える可能性があるため、自動運転車の新しい時代を楽しみにしている。」と語っています。

(ソース:SD Times

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. AI・機械学習・ディープラーニング

    誰がAI業界を支配するか。Googleがリード

    こんにちは、荒井(@yutakarai)です。GoogleがAI業…

  2. ITビジネス戦略・ビジネスモデル研究

    ご近所さん限定プライベートSNSサービス – NextDoor

    NextDoorは、地域内のご近所さんとのつながりに制限された、SNS…

  3. ITビジネス戦略・ビジネスモデル研究

    複数のSNSを1つのタイムラインで表示できる – Rime

    インドの新しいサービスを見つけたので紹介します。 Rimeは、複数のS…

最近の記事

  1. ITビジネス戦略・ビジネスモデル研究

    音声アシスタント戦争を勝ち抜くためのキモは?勝手にAppleの目線になって考えて…
  2. RPA・業務自動化・業務改善

    コンバージョン率を上げるUX最適化の勘所
  3. WEB集客・WEBマーケティング

    マーケティングで絶対やってはいけないこと
  4. 雑記・つぶやき

    「好きなことだけで生きていく」この言葉の意味を勘違いすると危険な理由
  5. AI・機械学習・ディープラーニング

    あなたの会社がAIビジネスを始めるためにするべき5つのステップ
PAGE TOP