fbpx
RPA・業務自動化・業務改善

RPAとは?ビジネスプロセス自動化の革命

こんにちは、荒井(@yutakarai)です。

近年、RPA(Robotic Process Automation)が単純なタスクを自動化する方法として注目を集めています。
いま、多くの企業がタスクを自動化しコストを削減するために、RPAに注目しています。

 
RPAを利用すると、企業は日常的なルールベースの単純なタスクを自動化できるため、人間(担当者)はより価値の高いタスク[footnote]分析や意思決定など[/footnote]に、多くの時間を割くことができます。

RPAとは?

RPAは、ビジネスプロセスの自動化を目的としたアプリケーションです。
「デジタルレイバー」「デジタル・ワークフォース」「仮想知的労働者」とも呼ばれたりします。

RPAツールを利用して、構造化されたデータの収集やシステムへの入力作業といった、単純な業務を自動化することが可能になります。

RPAは、決められたルールにしたがって、自動的に処理をしていくという特徴があります。

これによって、人為的なミスを防げるのが大きなメリットです。しかし、決められたこと以外はできないので正確な単純作業や効率化をするために導入される傾向があります。

RPAとAIは違う

「自動化」という言葉を使うと、RPAとAI(人工知能)や機械学習と混同されがちです。
しかし、RPAとAIは全く違うものです。

AI(機械学習含む)は、データをもとにAI自身がデータの特徴などを判別して結果を出力します。

それに対しRPAは、あらかじめ組み込んだルールに沿って作業をします。

・AIは、構造化されていない入力データについて判断するように訓練することができる
・RPAは、設定されたビジネスロジックと構造化された入力によって管理され、ルールを逸脱せずに作業をする

RPAの利用シーン

RPAのシナリオは、中のジョブを自動化するために、人間の何千人も、特定のタスクを完了するようにプログラムすることができます。

担当者が毎回手作業で行っていた単純作業を自動化することができます。
言い換えると、人間がルールを指示することができる作業であれば、RPAによって自動化することができるわけです。

RPAと相性が良い業務(RPAで自動化しやすい業務)は以下のようなものがあります。

(RPAで自動化しやすい業務)は以下のようなものがあります。

・一定のルールに従って繰り返し行われる業務(単純作業)
・プロセスが標準化されている業務
・構造化されたデータを扱う業務
・Windowsやウェブ上のアプリケーションソフトを使う業務

具体的な例だと以下のような業務です。

・月次売上報告書の作成
・請求書データの入力
・サーバのログ取得・解析
・お問い合わせメールへの自動応答

まとめ

RPA市場はまだまだ小規模ですが成長しています。

米国のデータですが、2015年から2020年にかけてRPAソフトウェアへの支出は41億ドルで、2020年には10億ドルに達すると予測されています。

AI(人工知能)が注目されがちですが、業務改善のための作業効率化であればRPAのほうが向いている場合が多いです。

[clink url=”https://yutakaarai.com/business-systematization/”]

高単価コンサルビジネスの教科書

14業種/法人個人あわせて60社以上の業績を伸ばした荒井の経営ノウハウをまとめた無料レポートを、希望された方全員に差し上げています。

【荒井の経営のノウハウをまとめた無料レポートプレゼント!】

・集客すればするだけ忙しくなって自由がなくなる、、
・なんだか引け目を感じて成約まで至らない、、
・常に新規客が必要な自転車操業に疲弊している、、

僕自身も以前は同じような悩みを持っていました。

試行錯誤の末に見えてきた、成功するための経営ノウハウをまとめたPDFファイルを無料で配布しています。
以前の僕と同じように悩んでいるかたにこそ是非参考にいただきたいです。